あのシャンプー危ないかも?!ノンシリコンシャンプーの落とし穴とは

近頃は髪や肌に優しいとアピールするシャンプーやコンディショナーが増えていますね。それだけ髪の毛のケアは若さを保つ上で重要だということがわかります。髪の毛がキレイになるだけで、女性はテンションが上がりますし、より若返る感じがしますよね。男性も例がなく、髪の毛とは一生お友達でいたいものですよね。

しかし、シャンプーをすればするほど、髪の毛にダメージを与え、老化や薄毛の原因になるだけでなく、環境ホルモンの影響により、人体に悪い影響を及ぼす成分があることをご存知でしょうか?

中でも良く耳にする「シリコン」は髪に良くないとして、ノンシリコンシャンプーがブームになったこともありました。今回はシリコンに絞って、髪の毛に良くないと言われる理由や、シリコンが含まれるシャンプーとコンディショナーについてお伝えしようと思います。

シリコンとは総称なので注意

シャンプーに含まれていると良くないと言われている成分。なんとなく想像できる方もいると思いますが、記載しておきますと、

・シリコン

・パラベン

・硫酸系、スルホン酸系の界面活性剤(石油系)

・合成香料、着色料、保存料(自然界に存在しない)

など、これらの成分は、人体に良くないとされています。ノンシリコン、ノンパラベンなどの言葉が記載されているシャンプーはなんとなく安全だと想像できると思います。

しかし、厄介なのは、シリコンは成分の総称。

シャンプーやコンディショナーの容器の裏を見ると原料が記載されています。それを見ていただくとわかると思いますが、「シリコン」とは記載されていないのです。だから、実はこれもシリコンの仲間だった!なんてことはよくあるのです。

シリコンの成分のおさらい

髪の毛に良くないと言われるシリコンですが、なぜシャンプーに使われているのでしょうか。矛盾していますよね。知らない方のためにシリコンの機能を簡単に記載します。

シリコンは、髪の毛に吸着する性質を利用して、髪をコーティングさせることで、保護したり、サラサラにしたりする効果があります。また、安価で手に入れることができ、コストも抑えられるため、お財布に優しいシャンプーとも言えます。

「なんだ、良さそうな成分じゃないか」

これだけきくと、安く手に入る上に一見良い成分に聞こえますね。確かに、軋んだ髪を放置してるのはよくありません。よって、コーティングすることで、痛みを抑えてくれるのも確かな事実です。

それでは、シリコンの恐ろしい作用についてまとめてみたいと思います。

 

シリコンの恐ろしい作用

上記で、シリコンには強いコーティング作用があると記載しました。

ではシリコンの何が良くないのでしょうか。

実はこのシリコンの強いコーティング力が問題で、髪の毛のコーティングだけでなく、毛穴も一緒に塞いでしまうことがあるのです。

毛穴が塞がれてしまうと、頭皮の新陳代謝が悪くなり、毛穴にたまった皮脂が酸化すると、地肌環境の悪化を招いて頭皮が炎症を起こす原因にもなります。

それだけでなく、毛穴が塞がることにより、新しい髪の毛が生えてくるのを邪魔してしまいます。つまり、毛穴が塞がれたまま放置していると、薄毛の原因につながる恐れがあるのです。

更に厄介なのが、よくシャンプーの洗い残しは良くないと言われますが、シリコンは水や油に強く、一度毛穴に付着すると簡単に洗い落とすことができないのです。ということは、本人が気づかないうちに、じわじわと地肌や髪を痛めてしまったりするのです。

しかも、シリコン自体に髪の毛の栄養になる成分があるわけではありません。ただ単に見た目と肌触りを良くしているだけ。厚化粧と同じです。しかも洗い残しのデメリットが大きいとなれば、これはもう危険と言わざるを得ません。

確かにその場限りのヘアケアにはなるかもしれません。まだお若い方であれば見た目のダメージは受けないかもしれません。しかし、長期的に見るとじわじわと薄毛の原因髪が痛む原因につながってしまうのです。

なぜシリコンが使われている商品が多いかというと、理由は「効果に即効性があり安価で手に入るから」ということですね。

つまり、市販の安いシャンプーの多くは、髪のことなど考えず、圧倒的にコスト重視のシャンプーだといえるのです。

 

成分からシリコンを探す方法

シャンプーやコンディショナーの裏をみると、原料が記載されていますよね。下記の成分がシリコンの仲間と思えておくと良いかと思います。

  • シリコーン
  • メチコン
  • シラン
  • シロキサン
  • ジメチコン
  • ジメチコンコポリオール
  • シクロメチコン
  • アモジメチコン

お使いのシャンプーやコンディショナーに記載がないか、チェックしてみるのもいいと思います。

 

ノンシリコンシャンプーの落とし穴

ノンシリコンシャンプーは、結構市販でも安価な値段で売られていることがよくあると思います。

ノンシリコンシャンプーを使ったことがある方は感じたことがあるかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーの欠点は洗い上がりがきしむこと。シリコンによる髪をコーティングしてサラサラさせる成分が入っていないため、髪の毛が軋んで、ぱさついてしまうのです。

なので、皆さんコンディショナーを使って髪の毛を整えると思いますが、ここがノンシリコンをアピールする商品の落とし穴です。シャンプーにシリコンを使用していなくとも、コンディショナーにシリコンが含まれていることが非常に多いからです。

個人的には、ここ重要だと思います。

ノンシリコンで安全をアピールしても、そのあとシリコンでコーティングさせているのです。

しかも、殆どの場合、消費者はシリコンの何が悪くて、ノンシリコンの何が良いいのか、理由は曖昧でよくわかっていないことが多いと思います。今までのシャンプーよりも安全ですよー、とアピールしておきながら、セットのコンディショナーでがっつりシリコンを使っているのです。ノンシリコンで安全だと信じて買った人はどう思うでしょうか?

なんだか騙された気分になりませんか??(笑)

結局のところ、シリコンを使用してケアしなければいけない理由というのは、シャンプーの洗浄力が強すぎることが原因なのです。過剰な洗浄は、頭皮に必要な油分まで洗い落としてしまい、地肌が荒れてしまったり、髪の毛がキシキシ傷んだりしてしまいます。つまり、コンディショナーでケアするよりも、まずはシャンプーを見直すところからはじめるのが、髪にも地肌にも良いのではないかと思います。

実はシリコンが含まれる市販のシャンプーとは

肝心の市販のシャンプーやコンディショナーに含まれている商品ですが、基本的にシリコンに頼っているシャンプーというのは安く手に入ります。1000円もしないシャンプーやコンディショナーは全部シリコン入りだと思っていても良いかもしれません。

そして、落とし穴のパターンでいえば・・・

「3秒に一本売れているシャンプー」でおなじみ、人気モデル・芸能人の愛用者が増えているあのシャンプー。ご存知ですか?(笑)植物由来成分90%配合し、合成着色料不使用な点や、肌に優しい界面活性剤を使用しているシャンプーです。

あの商品も上記の例と同様で、ノンシリコンコンディショナーではないのです。しっかり「ジメチコン」というシリコンが含まれています。(成分は多い順から記載されていますが、一番多い水の次にジメチコンが記載されています。)

シリコンシャンプーについて一言

シリコンそのものが悪・・・というよりも、シリコンの性質によって、髪の毛や頭皮に影響を及ぼしてしまうことが良くないと言われている由縁だと思います。

髪の毛がきしんでいたり、頭皮のトラブルや敏感肌のかたは、一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。良いシャンプーは値段が高くても、トリートメントなどのヘアケア商品はいらなくなったりますので、結局安く済むこともありますよ。

私はシリコン、パラベン、合成界面活性剤、合成香料保存料一切使っていないシャンプーを使用しています。毎日洗っていますが、コンディショナーはあまり使用していません。何故かと言うと、使わなくても髪の毛がパサパサにならないからです。

昔は、コンディショナーだけでなく、洗い流すトリートメントや洗い流さないトリートメント、ヘアオイルなどを使って、髪の毛のケアをしていたつもりでいました。それがそういったものも不要になり、シャンプーがひとつ変わるだけで、ここまで髪の毛の効果が変わるんだなと実感しています。