ラブロの成分は大丈夫?アミノ酸の含有量に注目!

市販のシャンプーで、「全身が洗える」というフレーズでアミノ酸系シャンプーが売られているのを見かけたことがありませんか?

 

なんとく肌に良さそう、優しそうというイメージで、シャンプーの質を重視する方は、購入されたことがあるかもしれません。

 

ラブロシャンプーもアミノ酸系シャンプーのひとつ。

 

しかし、アミノ酸系にも様々な成分のシャンプーがあります。

 

価格帯は、手頃なものから高価なものまでありますよね。

 

ごく少量しか入っていなくても「アミノ酸系」と呼ばれる商品には注意!

 

というのは、アミノ酸の成分が何%配合で「アミノ酸系」と呼べるという明確な定義がないため、少量のアミノ酸成分を配合しているというでも堂々とアミノ酸系シャンプーと言えてしまうのです。

 

また、アミノ酸が配合されていても、他の有害な成分が入っていることは普通にあります。

 

あなたが使用しているアミノ酸系シャンプーは大丈夫ですか?

 

特に敏感肌や赤ちゃんに使うシャンプーであれば、一度原料を見直してみてください。

ラブロシャンプーの詳細を見てみる

アミノ酸系シャンプーとは?なぜ肌に良いの?

知らない方のためにまず、アミノ酸系シャンプーについておさらいしておきます。

 

アミノ酸系シャンプーが肌に優しいといわれる理由は肌と同じ成分で、低刺激だからです。

 

アミノ酸系の含有量が多いシャンプーは、肌荒れやアトピー性皮膚炎の方にも安心して使えると言えます。

 

なぜ肌と同じ成分が良いのかというと、肌とは「タンパク質」です。

 

肌だけではなく、人間の身体のありとあらゆる部分がタンパク質でできています。

 

髪の毛もそうです。

通常、タンパク質は摂取されて身体の中でアミノ酸に分解して吸収し代謝します。ということは、アミノ酸によってタンパク質がつくらるということです。

 

つまりアミノ酸系シャンプーは栄養分になってくれる上に、肌の性質を変化させてしまう成分(タンパク質変性成分)が含まれていないので、肌と同じ成分で低刺激という理論が成り立つというわけです。

 

ラブロに含まれるアミノ酸成分

ラブロシャンプーに多く含まれているココイルグルタミン酸TEAについて解析していきます。

ココイルグルタミン酸TEAの効果

ココイルグルタミン酸TEAとは、簡単にいうと「ココイル」=「ヤシ油の脂肪酸」と、主にネバネバしている成分に多いグルタミン酸をかけ合わせたものです。

 

グルタミン酸が髪の毛のダメージに吸着して栄養成分が浸透していきます。また、吸着して膜を作るので、キューティクルの保護をしてくれます。この作用により、毛ざわりが良いサラサラの髪の毛にしてくれます。

 

ヤシ油の脂肪酸は美容で話題のココナッオイルと同じオレイン酸が主な成分です。皮膚を柔らかくする効果があるため、固くなって乾燥した地肌を柔らかくします。

 

頭皮が柔らかくなると、血行が良くなり新陳代謝が向上することで、髪の毛を生成する組織も活発になるという効果もあります。

 

頭皮の固い人間は、まず禿げる。なんて根拠のなさそうな話を聞いたことはありませんか?(笑)実は、あながち間違えではないのです。

 

洗浄力については簡単にわかりやすく説明すると、ココイルグルタミン酸はマイナスイオン系、ホコリや汚れなどはプラスイオン系になるので、ほこりや汚れを吸着させることにより洗浄するという仕組みです。

ラウラミドDEAの効果もついでに

ついでに、ココイルグルタミン酸TEAの次に、ラウラミドDEAとありますが、

こちらも上記同様主成分は「ラウリン酸」の事を指します。

 

しかし、この成分自体に洗浄力はなく、泡の安定性を保つ性質と刺激の緩和効果があります。

 

他のシャンプーの種類と比較

また、シャンプーには大きく分けて3つの種類があります。

アミノ酸系の他にシャンプーは、高級アルコール系シャンプー、石けん系シャンプーにわけられます。

 

両方の効果と比べアミノ酸との違いがわかるように簡単に記述しておきます。

 

・高級アルコール系シャンプーとは

この高級というのは、価値が高いものとかそういった意味合いではなく、成分の分子の話で、炭素の個数を指します。(アルコール成分の分子が6つ以上であれば高級アルコール)

 

高アルコール系のほとんどは石油が原料で、安価で洗浄力が強いです。なので、個人的には赤ちゃんや敏感肌には絶対に使いたくない種類のシャンプーです。(髪質が強い方なら大丈夫です)

 

またこの高級アルコール系の原材料の名称は硫酸系・スルホン酸系と書かれています。上記でも書きましたが、この硫酸系やスルホン酸系は「タンパク質変成作用」を備えたものになります。

 

・石けん系シャンプーとは

石けん系シャンプーは想像通り、液体ではないシャンプーです。

主に天然成分で生分解性(物質が分解されて自然に還る)が強いので、エコ志向の方に人気です。

 

しかし、高級アルコール系と同様、洗浄力が強すぎる傾向にあるので、やはり敏感肌の方はアフターケアがどうしても必要だと思います。

 

市販のアミノ酸系シャンプー成分の一例

ここまでアミノ酸系シャンプーの成分と、アミノ酸系以外のシャンプーについて書きました。

アミノ酸系の成分が含まれていても、上記のアルコール系に多い「硫酸系」「スルホン酸系」の割合が多いこともあります。それでは、市販のアミノ酸系シャンプーの成分を調べてみることにしました。

例えば、あの元AKBで有名なあの方のCMのシャンプーは、どのような成分でしょうか。

多い順に、【コカミドプロピルベタイン】、【ココイルグルタミン酸TEA】、BG、コカミドDEAとなっています。

 

こちらもコカミドプロピルベタインもコカミドDEAもヤシ油脂肪酸なので、上記に書いたとおり安全性は高いと思います。さらにBGとは、アルコール類に分類される保湿剤で、抗菌作用もあり、通常の防腐剤よりも刺激が弱い成分です。さすが元AKBのCM全身シャンプー。優秀だと感じました。が、しかし・・・

 

その次に続く成分を調べると、とろみを出す成分であったり、光沢剤だったりと、あまり髪にいい成分は見当たりません。中でも気になったのが、「メチルパラベン」こちらの記事でも書いていますが、パラベンはちょっと気をつけたほうがいい成分です。

 

さらに「安息香酸ナトリウム」こちらは特に食品添加物に使われる非常に毒性を懸念されている成分です。

 

まぁ確かに、シャンプーを口に入れることはありませんが、小さいお子様はどうでしょうかね。あやまって口に入ることなんてよくあると思います。

と、あら探しみたいになってしまいましたが、日常でよく見るシャンプーも、よく調べてみると、このように安全性のレベルがわかりますよね。

何がいいたいかというと、私が不憫に思うのは、本当に安全だと信じて購入した方ががっかりしてしまう方がいることです。

 

まとめ…本当に安全だと思えるアミノ酸系とは

シャンプーの成分は、「ラウレス」とか「ラウリル」とか、何故か「ラウ」から始まる成分が多いですよね。しかも、刺激が強いものと、優しいものも、名称が似たり寄ったり・・・専門家じゃないんだから、原材料を見たってわかりづらいのですよ。

 

なので、一つの注意するべき点は「”カタカナ名称”硫酸」と書かれているものは、高級アルコール系だと判断して大丈夫です。アミノ酸系シャンプー書かれているシャンプーのうち、この硫酸の文字が原材料の最初に来ている場合、そのシャンプーのアミノ酸はあんまり効果を発揮しないかもしれません。

 

より、質の高いシャンプーで髪の毛を守りたい、赤ちゃんに使いたいと思うのであれば、ぜひシャンプーを見直してみてください。

 

アミノ酸系シャンプーで、ノンシリコン、ノンパラベン、合成香料不使用、合成着色料不使用。

 

ここまで揃っているのを市販で探すのは難しいかもしれません。さらに、いいシャンプーというのは、値段も高価になります。

 

しかし、シャンプーにこだわれば、トリートメントなどの髪の美容液は一切必要なくなります。

 

シャンプーしながらケアすることができるので、エコだし、お財布にも優しいなと私は思います。

 

シャンプーにかぎらず良い物を使うとほかの副作用に悩まされることもないので、結果的に経済的になります。それはもちろん、ブランド価値で高価なものではなく、成分が良質なものです。

 

自分のためにはもちろん、赤ちゃんにはなおさら優しいシャンプーを使いたいです。

 

ラブロはこの条件が揃ったシャンプーです。一度覗いてみてください。