オーガニックシャンプーでも油断禁物!安全なシャンプー選びのコツ

自然派で環境にやさしいイメージのあるオーガニックシャンプー

少し値段が高くても、地球にやさしい=人にも優しい

というイメージで、一般家庭にも浸透していますよね。

 

しかし・・・オーガニックという文字だけに惹かれて購入はしていませんか?

それ以外の成分や効果については気にしていますか?

「オーガニックシャンプー」と謳っている商品の中にも”オーガニック成分が少量配合されているだけ”でも残念ながら販売されていたり、オーガニックとは別の成分で肌によくない成分が配合されていることも実際にあります。

「オーガニックシャンプーと書かれているけど、本当に髪に良いものなの?」

オーガニックについてよく知らない方に、その内容と、シャンプーの選び方際の注意点をお伝えします。

 

オーガニックの定義はシャンプーにはない?!

オーガニックを訳すと「有機栽培」という意味なのですが、簡単に言うと

「農薬、化学肥料を使わないで栽培されたもの」を原料として使っている商品を指します。

 

シャンプーの原料で言うならば、ハーブエキスなどの栽培がそれに当たります。

「オーガニック認証センター」という機関の厳しい基準をクリアして

オーガニックと名乗れる商品を販売することができるということです。

 

わかりやすいように一部引用しておきます。

・堆肥などで土作りを行っている
・水耕栽培やロックウール栽培ではなく、土壌を用いた農業生産を基本とする
・環境への負荷をできる限り低減した生産方法
・種まき、または植え付けの前2年(多年生の場合は3年)以上、禁止された農薬や
 化学肥料を使用していない
・遺伝子組換え技術を使用しない

引用元:http://www.organic-cert.or.jp/about_JAS.html

上から2つは、正直素人にはよくわかりませんが(笑)

3つ目からは、環境にも優しく、消費者へ配慮されているのがわかると思います。

 

農薬の健康被害の問題や、遺伝子組み換えはまだ不安定な技術であるため、危険なものが偶発的に発生する可能性が否定できない点など、そういった課題のある原料は使われていませんよ。

 

ということなんですね。

厳しい基準を通り抜けた原料100%である場合にオーガニックと名乗ることができるのですが・・・

 

”オーガニックシャンプー”には明確な定義が存在しないんですよ。

 

ここが騙されポイントなのですが、

上記でも記載しましたが、オーガニック成分が少量配合されていても、オーガニック”配合”と謳うことができるんですよね。

 

なのでオーガニックの基準はメーカー任せというのが現状です。

「オーガニック」というイメージのいい言葉でPRして、実は石油系の界面活性剤も含まれていたりするシャンプーが、残念ながら売られているのが事実なのです。

 

(しかも大手の手頃な値段ほどこういうのが多い!)

 

もちろん、オーガニック成分にちゃんとこだわりを持っているシャンプーもありますよ。

つまり、気をつけなければいけないのは、オーガニックの部分よりもシャンプー成分の配合ということです。

気をつけるべきシャンプーの成分

まず、なぜオーガニックが良いと思ったのか?という点です。

それは「身体に優しい」という点だと思います。

ということは、身体に優しくない成分を探す必要があります。

こだわりをもって体に優しいものを選ぶのであれば、下記の成分には気をつけて購入してみてください。

身体に良くないと懸念される成分

「(カタカナ標記の成分)+硫酸」

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Naなど。

石油系の成分で、たんぱく質を分解する働きがあり、強すぎる洗浄力で肌荒れ、髪を痛める恐れがある。

「スルホン酸Na」

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naなど。

石油系の成分に変わり、植物由来の界面活性剤として使われる。ただし、洗浄力は硫酸系と変わらないため、同じく肌荒れや髪を痛める恐れがある。

「シリコン」

シロキサン、シクロメチコン、ジメチコンなど。

強いコーティング力で、油や水に強いため、毛穴に洗い残すことがある。毛穴にたまると、頭皮の新陳代謝に悪影響を与えて、髪が生えにくい状態になる。

「パラベン」

ブチルパラベン、プロピルパラベンなど

環境ホルモン作用が指摘されている危険度が高い成分。

特に女性ホルモンの作用があり、妊娠中の方や赤ちゃんには特に注意が必要。

 

どこまでこだわるか

良くないとされる代表的な成分を記載しましたが、上記の成分が、どのくらいの割合で配合されているかが重要です。また、髪の毛や肌にさほどトラブルがない方は、そこまで気にする必要もないかもしれません。

ただ、オーガニックに惹かれて購入していたのならば、少なくとも危険視されている成分にも気をつけていただきたいと思います。

オーガニックであり、なおかつ肌に優しい成分で作られたシャンプーを使ってみてください。