紫外線から髪を守る方法。エイジングケアとシャンプー選びも。

お出かけしたくなる暖かい季節は、

同時に紫外線が怖い時期でもありますね。

 

紫外線は殺菌作用がありますが、私達のお肌にも

ダメージを与えてしまうのはご存知のとおりだと思います。

 

シミ、シワ、老化現象・・・恐ろしいですね。

 

しかし、紫外線は髪の毛にもダメージを与えてしまうのはご存知ですか?

今回は、髪の毛の紫外線対策を記載していきたいと思います。

 

紫外線による髪の毛の影響

そもそも髪の毛は紫外線を吸収して紫外線による被害から頭皮を守るためにあります。

紫外線を吸収した髪の毛は、酸化されて別の物質へ変化したり、構成する組織がダメージを受けて

切れ毛や枝毛ができたり、メラニン色素が抜けて白髪の原因になります。

 

酸化によってシステイン酸という物質が生成されるのですが、

その物質が生成されると、元の髪の毛の組織をに戻すことはできなくなります。

(枝毛や切れ毛がもとのきれいな髪の毛に戻らないと想像してもらうとわかりやすいかと思います)
つまり、髪の毛が紫外線によってダメージを受けると、元に戻すことは難しいということですね。

髪の毛を紫外線から守る

紫外線のダメージを修復できないとなると、

そもそも紫外線をなるべく避けるようにする必要があります。

 

日よけ対策(帽子をかぶる、日傘をさす)

帽子は紫外線だけでなく、熱中症対策にも有効だといわれていますよね。

しかし、気をつけなればいけないことが一点。

紫外線を避けることはできますが、帽子の中は汗でベタつき、髪の毛や頭皮の環境が非常に悪くなります。

 

ベタつきを放っておくと、毛穴に皮脂の汚れが詰まり、

酸化して皮膚が荒れたり、薄毛の原因につながることがあります。

(これが帽子をかぶるとハゲるといわれる由縁でしょうか?(笑)

 

帽子をかぶった日は、かならずキレイに洗浄するようにしましょう。

 

ヘアオイルを使う

髪の毛をヘアオイルでコーティングすることで、潤いを保つことで紫外線の侵入を防ぎます。

洗い流さないトリートメントも有効です。

 

完璧に防ぐことは難しいですが、紫外線による髪の毛のダメージも修復することができます。

こちらも頭皮に残らないよう寝る前にはシャンプーでしっかり洗い落としてください。

 

紫外線を浴びた後のエイジングケア

髪の毛の組織が元のきれいな状態に戻すことはできなくとも、

それに近づくことは可能であるはずです。

 

上記でも記載していますが、ヘアケア機能成分配合のヘアオイルを使えば

紫外線から保護しながら、髪の毛の修復をすることができます。

 

髪の毛のエイジングケアに有効なヘアオイルは、ビタミンEが特に有効です。

ビタミンEはアーモンドオイルやオリーブオイル(髪の毛専用)がおすすめです。

 

 

髪の毛に直接なじませるのもいいですが、食べ物として摂取することも大切です。

アーモンドやオリーブオイルを日頃から摂取するように心がけてみてください。

 

また、食べ物として、キノコ(特にしいたけ)や甘酒に含まれる「エルゴチオネイン」

老化現象を防止し、若返り効果があるので有効です。

甘酒は飲む美容液ともいわれているので、これらの食材は積極的に摂取しましょう。

 

シャンプー選びの重要性

紫外線の多い夏は、特に髪の毛のダメージが激しくなる季節です。

 

汗でべたつくことも多いので、頭皮環境も悪化しやすいといえます。

 

傷ついた髪に栄養を補給できて、なおかつ頭皮の必要な油分を残して

不要な汚れた皮脂を洗い流すシャンプーが理想です。

 

洗浄力がつよいシャンプーは、傷ついた髪を更に痛めてしまう原因になります。

なるべく原材料に「~硫酸」や「スルホン酸系」と書かれた界面活性剤は避けるようにしましょう。

 

どのような成分のシャンプーが理想なの?

紫外線を受けた髪の毛には、ヘアケア機能成分やアンチエイジング効果のある

ビタミンEエルゴチオネインが含まれたシャンプーを選ぶと良いと思います。

(エルゴチオネインについては、こちらの記事もどうぞ。)

 

また、上記でも書きましたが、紫外線によって髪の毛の組織のアミノ酸が酸化してしまうので

それを補う「アミノ酸系」シャンプーもおすすめです。

 

エルゴチオネインが配合されたアミノ酸系シャンプーのおすすめはこちらです。

ラブロシャンプー

お出かけが多い季節は髪の毛にも優しいシャンプーに切り替えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、紫外線は夏のイメージですが、冬も紫外線の量は変わりません。

紫外線からのダメージには常に対策していくことが理想ですね。